子猫の成長日記
●5月末生まれの子ネコの成長日記
 ★二毛:きんつば(オス)通称きん
 ★三毛:あんみつ(メス)通称あん
生後0〜1ヶ月  | ▼6/05〜6/17 | ▼6/20〜6/24 | ▼6/27〜7/01 |
1〜2ヶ月  | ▼7/03〜7/08 | ▼7/11〜7/16 | ▼7/18〜7/22 | ▼7/25〜7/30 |
2〜3ヶ月  | ▼7/31〜8/05 | ▼8/08〜8/13 | ▼8/18〜8/19 | ▼8/22〜8/25 |
3〜4ヶ月  | ▼9/15〜9/19 | 4〜5ヶ月  | ▼10/16 |
5〜6ヶ月  | ▼11/19 | 6〜7ヶ月  | ▼12/03 |


離れて暮らせば成長ぶりがわかる
2005/08/18


一週間近くぶりにやってきたちびっこたち。たかが1週間足らずとはいえ、顔つきが明らかに大人びて、幼児体型だった体つきも手足が伸びて精悍さが増している。この数ヶ月、2匹とは世界で一番長く一緒にいるものだから、これまで日々の微少な変化をあまり意識することはなかったけれど、飼い主(仮)が毎週末に引き渡すごとに「大きくなった!」と言っていたことを初めて実感した。

トイレの砂掻きパワーも一段とアップして、砂飛散防止箱では砂の飛び散りを防ぎきれなくなった。そこであり合わせの段ボールで、トイレの周囲にさらに高い囲いを追加してみた。

身体で成長したなと感じたところがもう一箇所あった。それはきんつばの戦略的重要拠点。まさにきんな部分だ。休み前より明らかに大きくなっている。


ウンチの連鎖
2005/08/19


1匹がウンチをすると、立て続けにもう1匹もすることがある。相手の行動や匂いでもよおしてしまうらしい。パブロフの犬のウンチ版のようなものか? 人間でも本屋へ行くとナゼかもよおすという話をよく聞くし、“断腸の思い”や“はらわたが煮えくりかえる”という消化器系に関連した言葉もある通り、人間も、動物としては比較的知能の高いネコも、ウンチは高度な精神活動と結びついているようだ。

きんつばがネコ缶&カリンコのネコエサを食べようとしないのは、口に合わないのかもしれない。というあきらめが漂う今日この頃。数日ごとに強制的に口に入れているネコ缶をまた口の中にねじ込むと、例によってイヤがった。しかしいつもは舌でほとんど押し返してしまうのに、今日はゴクンと丸飲みした。もしやと思ってかたまりを口元へもっていくと、なんとペチャペチャ舐めた。

いつもなら顔を背けてイヤイヤをするので、例え舐めただけでも大いなる進歩。1年後ぐらいには普通に食べるようになるのかもしれないけれど、考えただけで気が遠くなりそうだ。てなわけでカニカマ・チーカマ・カリンコを食事毎に適宜組み合わせて食べさせている今日この頃。



前週
次週

TOP
Site map