子猫の成長日記
●5月末生まれの子ネコの成長日記
 ★二毛:きんつば(オス)通称きん
 ★三毛:あんみつ(メス)通称あん
生後0〜1ヶ月  | ▼6/05〜6/17 | ▼6/20〜6/24 | ▼6/27〜7/01 |
1〜2ヶ月  | ▼7/03〜7/08 | ▼7/11〜7/16 | ▼7/18〜7/22 | ▼7/25〜7/30 |
2〜3ヶ月  | ▼7/31〜8/05 | ▼8/08〜8/13 | ▼8/18〜8/19 | ▼8/22〜8/25 |
3〜4ヶ月  | ▼9/15〜9/19 | 4〜5ヶ月  | ▼10/16 |
5〜6ヶ月  | ▼11/19 | 6〜7ヶ月  | ▼12/03 |


生後2ヶ月でもミルクが大好き
2005/07/31

生後2ヶ月が過ぎた。きんつばは相変わらずミルクが主体で、人が麺類を食べていると欲しがる以外には、ここ数日、朝起きてカニカマを食べるのが唯一まとまった固形物を取る機会になっている。そのわりには活動的なのが不思議だ。おりを見て強制的にカリンコやネコ缶を口に押し込んではいるものの、相変わらず舌で押し返してしまい、興味を示さない。対照的にあんみつは誰もいない部屋に一日置いても、カリンコと水があれば何とか生きていけそうな感じだ。むろんあんみつが生後2ヶ月経った子ネコとしては普通の反応だろう。


そんな殺生な
2005/08/01

夜、きんつばが本日2回目のウンチをした。ちょっと下痢気味だった。食べ物が悪かったのか、パンやこのところ朝一で食べているカニカマを食べ過ぎたのか。はたまたクーラーの当たりすぎか。体も歯も大きくなってきているのに、栄養補給源がミルク主体のせいじゃないのか?と、彼に思わずツッコミを入れそうになりつつも、明日以降注意深く見守ろう。

今日は大きなハエがどこからともなく部屋に入ってきたから、さあ大変。2匹は、人の肩によじ登ったり、壁にジャンプしたり、とハンターの本能をいかんなく発揮。

大運動会ハエ取り合戦で目一杯運動したおかげでこのところ食いつきがさっぱりよくなかったPascoもちっとスティックチーズも、きんつばにしては珍しく一本食べきった。ハエに感謝せねば。といいつつ、我が体のキズがこれ以上増えてはかなわんので、2匹が離れた隙をみて殺虫剤でキルした。彼らはまだゴキブリと遭遇していないけれど(いつも2匹でドタバタしているので、ゴキが警戒して寄りつかないという話もある)、もし遭遇していれば間違いなくバラバラ殺人事件が起きることだろう。しかし死体処理係のことも考えて欲しい。

殺生はいかんとはいうものの、ハエ蚊ゴキブリを殺すとスキッした気分になる。ゴキブリは人類の大先輩なものの、しかしヤツらには先輩への敬意もへったくれもなく、あるのは憎しみだけだ。なんたってハエ蚊ゴキブリは、殺しても殺しても次から次へと強力な繁殖力で子孫が生まれてくる。そもそもゴキなんて人類が存在しない頃から生きてきたのだから、ラクしてエサにありつこうと、わざわざ人家に寄生せず自立心を持て!と彼らには言いたい。

ところで地球の総人口は1950年には25億人あまりで、2000年は60億人あまり。それが2050年には90億人を超える見込みで、まさに激増する一方。それに対してハエ蚊ゴキブリは、半世紀前と比べてずいぶん増えたとは聞かず、地球上の総数は毎年おそらくほとんど変化がないと思われる。ということは地球から見ると人間はハエ蚊ゴキブリ以上の繁殖力で、もしこの世に人間の上位に位置する生物が存在したら、環境を激変させてもいるし、殺しても大して問題にならない。と言われる立場になるだろう。

人口増は食料問題にも関わることだから大切なことだけれど、今はきんつばがいかにしたらネコエサを食べるようになるか、の食料問題のほうが我が家でははるかに重大な問題だ。


皿から水分を取るよう仕向ける
2005/08/02
ここ一週間ほどで2匹ともに水をお皿から飲むようになってきた。そこで授乳の手間を省くためにも、ミルクをお皿に入れて飲ませてみる。

きんつばは最初匂いはすれどほ乳器の姿は無しに戸惑っていたけれど、そのうちペチャペチャ舐め始めた。あんみつは全然飲まず。あんみつはカリンコと水を取るようになっているので、ミルクを一切あげなくても大丈夫だろう。

トイレの砂を入れ替えた直後に、2匹ともウンチをした。きんつばは心配された下痢もなくひと安心。

2匹でじゃれている最中、きんつばは興奮極まって、ミューゥゥ、ピュルルル、ピュルルル、ピュルルルと延々繰り返していた。相変わらずサルのような声で笑ってしまう。


人肌好きとネコの惑星直列
2005/08/03
きんつばは納豆を食べるから、同じく豆が原料のあんこもOKなことを確信して大福をやるとやはり食べた。あんみつも同様に食べた。しかしあんみつは途中で食べ飽きて、また餅がベトベトするので、前足で放り投げながら遊びだしたので取り上げた。その他、カニカマ、そうめん、焼きうどんを食べた。

暑いのにきんつばは指チュパしつつヒザの上で寝た。あんみつもときどきヒザの上に来て寝る。ネコによっては人とベタベタするのがキライなタイプもいるけれど、夏でもこのありさまな2匹なら、冬にはふとんの上か中で一緒に寝るのは間違いないだろう。

またネコによっては少しでも人のぬくもりを感じて寝たいので、複数のネコを飼っている場合、人のお腹と足の上に一列状態の“ネコの惑星直列”になって寝ることもある。ネコとはいえ、体にずしりと重みがかかり、身動きがとれなくなる人間はたまったものではなく、好きなハズのネコによって金縛りならぬネコ縛りとなり、一晩中悪夢にうなされることになる。


きんのためのスペシャルディナー
2005/08/04
きんつばはいったいいつになったらネコエサを食べるのか? 人間の子供に嫌いなものを食べさせる場合、ほかの食材に小さく混ぜて食べさせると良いという。

そこで夜の食事に、すいとん粉を溶いてその中に小さく砕いたカリンコを混ぜ、さらにいかにも好き系の食べ物であるチーズをすりつぶして味と匂いをごまかしたお好み焼きを作ってみた。するとパクパク食べた。しかし簡単に作れるとはいえ、毎回これをやるのもなあ...

ちなみにあんみつもいうまでもなく、さらによく食べた。きんつばとは対照的にとにかくよく食べる彼女の場合、食料があると際限なく食べる才能をすでにかいま見せ、漫然とエサをやり続けていると肥満児になると思われるので、ゆくゆくは食事制限も必要な気がする。

ネコ用オモチャで、昔買ったはいいものの、すっかりばあさんネコになって使う用が無くなっていたものを引っ張り出して、2匹を遊ばせてみた。毛ばたきにヒモがついて振り回せるようになっている。きんつばは興奮のあまり、ゥゥゥォォォとケンカするときに発するうなり声を一丁前にあげつつ、前足でそのオモチャを抱えてじゃれていた。うなり声を聞いて、なりは小さくとも、未だ指チュパするほど甘えん坊なのに、オスらしさがうかがえた。

一方のあんみつはやはり女の子だ。じゃれるにしてもきんつばが何がなんでも離してたまるかという勢いで抱えるのに対し、彼女はソフトに抱え、また引っ張ると簡単に手放してしまうほど脇が甘い。

牛乳を置いていたら、きんつばが勝手にペチャペチャ舐めていた。ネコに牛乳は下痢の原因になるそうな。しかしうちの老ネコは全然問題無く、せっかくなので、反応チェックとばかりそのまま何回か飲ませてみた。

さてその結果は... 知らぬ間にウンチしており、砂にくるまれていたとはいえ、相当緩かったようだ。その日は2回ウンチしており、次は普通の硬さだった。これは大丈夫だったのか。良くなかったのか。判断が難しい。

自分が食べる用のお菓子を仕入れに、お菓子のディスカウント店へ行ったら、普段ならまず買わないチーズかまぼことチーズクーヘンを条件反射で買ってしまった。帰宅してチーかまをあげると、2匹が争うようにあっという間に2本平らげた。


ニワトリが先か、卵が先か
2005/08/05
今週は2匹に意識的にミルクをあげる回数を減らし、きんつばをカリンコに誘導しようとしてはいるものの、依然としてカリンコを口にしようとはしない。数日ごとに抱っこしてカリンコと共にネコ缶も無理矢理口に押し込んで、彼が開眼することを狙ってはいるものの、やはり変化無し。

ただでさえ細っぴなきんつばが干上がるのは見てられないので、結局根負け&甘やかしてカニカマと焼きそばを食べさせてしまった。

カリンコを食べないから、ほかのモノを食べさせるしかないのか。ほかの食べ物をあたえるから、カリンコを食べないのか。ニワトリが先か、卵が先か。



前週
次週

TOP
Site map