子猫の成長日記
●5月末生まれの子ネコの成長日記
 ★二毛:きんつば(オス)通称きん
 ★三毛:あんみつ(メス)通称あん
生後0〜1ヶ月  | ▼6/05〜6/17 | ▼6/20〜6/24 | ▼6/27〜7/01 |
1〜2ヶ月  | ▼7/03〜7/08 | ▼7/11〜7/16 | ▼7/18〜7/22 | ▼7/25〜7/30 |
2〜3ヶ月  | ▼7/31〜8/05 | ▼8/08〜8/13 | ▼8/18〜8/19 | ▼8/22〜8/25 |
3〜4ヶ月  | ▼9/15〜9/19 | 4〜5ヶ月  | ▼10/16 |
5〜6ヶ月  | ▼11/19 | 6〜7ヶ月  | ▼12/03 |


パン パクパク
2005/07/03
今日はいつもの日曜とは違って、早い時間帯の2匹の引き取り。

関東の天気がぐずつくときのお決まりのパターン、冷涼かつ湿った北東気流によって、どんよりした空からはポツリポツリと雨が降り、昨日の暑さがウソのよう。

小さな体のきんつばには涼しいを通り越して少し寒かったらしく、クルマの中に入れるまで外でプルプル震えていた。

クルマのリアシートに箱ごと入れ、車外からのぞくと不安そうな様子。

晩ご飯ならぬ晩ミルク時に、飼い主(仮)から貰ったパンを小さくちぎって食べさせると、2匹ともパクパク食べた。あんみつはともかく、きんつばがこんなに食べるところを見るのは初めて。先週はクッキー、今週はパン。食べるなら栄養になるネコエサにして欲しい。もちろんミルクも引き続き与える。

きんつばのウンチ5センチ出る。


お遊びグッズがやがて恐怖グッズへ
2005/07/04
ネコは穴ぐらなど暗く囲われた場所が好きなので、楽しいお遊びグッズと化しているペット用キャリーケースがお気に入り。ところが成ネコになると、大嫌いな病院へ連れて行くときぐらいしか使う用が無い恐怖グッズへと大変身。

いずれ学習して、キャリーを見ると逃げまどうようになるに違いない。まさに知らぬが仏。

今日もパンをぱくつく。パンでは栄養が...と思いつつ、食べる行為に慣れるだけでも意味があることは確か。

起きている時間は、2匹とも元気にじゃれあっている。2匹でじゃれている分にはいいけれど、背中や腕によじ登ったり、キーボードの上を歩いたり、電源ケーブルやLANケーブルをかじったり、そのやんちゃぶりが手に余るようになってきた。それとちょっと目を離した隙に物陰に隠れたり、思ったより遠くへ移動していたりと、行方不明になるのもドキドキもの。

箱の中で大人しく寝ているとホッとするのが現在の心境。もっとも成ネコになればなったで、今の愛らしい姿が懐かしいと思うようになるのは目に見えているけれど。

きんつばが顔を前足で拭いていた。以前も目撃したけれど、2匹でじゃれつつだったので、2匹のいずれかで顔を拭いたとハッキリ認識できたのはこれが初。少しづつ大人の階段を上っている。

昨日に引き続き、きんつばはウンチする。計測すると7センチ。そして「一週間のご無沙汰でした。玉置宏です」なんてフレーズが思わず出てきてしまった、6日ぶりのあんみつのウンチ。出すときにさすがに苦しそうだった。量もものすごかった。ネコ日記というよりも、だんだんウンチ日記になってきている。


ミルク電池で1時間半動作する
2005/07/05
今日のきんつばはヒザの上で長時間に渡り指チュパした。きんつばは今日もウンチ出る。長さは3センチ。

相変わらず2匹は猛烈なじゃれかただった。しかしどれだけ元気に走り回っていても、やがては疲れて急に静かになり、ヒザの上に来てウトウトし出す。動作時間が限られているさまは、ミルクを飲んでフル充電したのちバッテリー上がりを起こすかのようで、毎回おかしい。大抵の場合、あんみつのほうが先に疲れてウトウトしだす。

睡眠タイム→箱から出せと騒ぎ出す→ミルクやパンを与える→お遊びタイム(その合間にトイレもする)→ヒザに来てウトウト→箱に入れて寝かせる→最初に戻る というのが1日のサイクル。ミルク飲みからお遊びタイム終了まで、起きている時間がここ最近はおよそ1時間〜1時間半。寝ている時間は2〜3時間前後。夜間は朝まで起きないことが多い。もっともその間に箱に耳を澄ませば、中で2匹がプロレスをやっていることもあるけれど、その場合ある程度動くとまた眠りにつくことが多い。

子ネコたちの生活サイクルに自分が合わせると、体を壊すこと間違いなしなので、夜寝る前にたっぷり遊ばせ、ミルクを飲ませ、朝まで起きないように仕向けるのも重要なポイント。しかしそんな努力もむなしく、今朝は5時過ぎに起こされた...


怒りの声 フゥーッ! を初めて聞く
2005/07/06
起きているときは元気だけど、寝ている時間がこのところ以前よりも長い。暴れ過ぎて、眠りが深くなっているのだろうか?

物陰から飛び出してきたきんつばを軽く踏んづけてしまった。フゥーッ!という抗議というか怒りの声がとっさに出たのを聞き逃さなかった。そういえば、2匹のいずれかで、怒りの声を聞いたのは始めてだ。

パンは食べるけれど、相変わらずネコエサは全く口にしない。

ほ乳瓶が一つしか無いので、授乳は数匹同時の母ネコと違い、当然代わるがわる。2匹ともミルクをたっぷり飲んだあとでも、2匹がくっついた状態でいるところにほ乳瓶を差し出すと取り合いする。だからと言ってほ乳瓶をつかんでも飲まない。満腹か空腹かは二の次にして、相手に取られる前にとにかく自分の分を確保しようという本能が働く模様。

きんつばが指チュパしたがるのは以前と変わらず。彼はとにかく甘えて手をかけなきゃならないと思わせるのが生きる戦略のようだ。むろんそう考えて行動しているわけではなく、無意識にやっているのだろうけど。


七夕の日に願うことはひとつ
2005/07/07
今日はたなばた。辛抱の末に出会える織り姫と彦星のように、2匹が良い里親と出会えることを祈ろう。

パンを全て食べ尽くしたので、新しいパンを買いに行った。でも今週食べていたほんのり甘みがある同じパンがなかった。自分が普段食べるような量販品だと、せっかく買っても食べてくれなさそうなので、奮発して高いものを買った。

その甲斐あって、あんみつもきんつばもモシャモシャ食べてくれた。パンをちぎるとバター油が手にじんわりついて腹持ちしそう。これで少しでも大人しく寝ている時間が長くなってくれたら...という下心ももちろんあり。

それにしても自分が食べるものは安物で、元ノラネコが食べるものは上級品とは、世の中どこか間違っている。

きんつばはこのところ目ヤニがずいぶん少なくなった。代わりにあんみつの右目から目やにが出ていることが多くなった。きんつばから移ったのか?

目といえば、あんみつは大きなまん丸お目めで、人の顔をじっと見るクセがある。自分のことをどう思っているのか、ちょっと聞いてみたい。


ミルクをお皿に入れたら飲まず
2005/07/08
お風呂に入れる。2匹はもうだいぶ体力がついたので、先週までのような適当な持ち方をしていると、引っ掻かれて手が傷だらけになるのは目に見えている。

そこでまずは両前足の付け根を片手で握る。後ろ足は洗面器の底につけさせ、起立した体勢にさせる。こうすれば暴れようとしてもほとんど身動き出来ずにラクに洗える。ピーピー鳴きつつもジャボジャボ快調に洗いあげた。

昼夜を問わずにお腹が空けば箱の中で騒ぎ出すし、起きていれば起きていたで、キーボードの上を走り回るは、背後から二匹が飛び乗り、肩でじゃれあうは、で今週は一気に育児疲労がきた。

Tシャツを脱いで鏡で背中を見たら、肩が傷だらけだった。人が座っていると、背後からツメを立ててよじ登るので、衣類もあっという間にボロボロになる。そこで穴が開いても捨てずにいたTシャツ群が大活躍だ。モノを捨てずに何でもごちゃごちゃ取っておく性格はこうゆうときにおおいに役に立つ。モノを捨てられないのではなく、どんな状況にでも対応できるよう備えている、と言ったほうが正確かもしれない。

演出家・野田秀樹の“整理整頓好きなやつは頭が悪い”という言葉は、まことに人間性の深いところを突いた名言だ。

結局今週もネコエサを食べず、ミルクとパンだけで過ごした。ミルクもほ乳瓶でなく、自力で飲んでくれたらラクなんだけどと思い、ミルクを欲しがる頃合いを見計らってお皿にミルクを入れた。無理矢理顔をお皿に近づければ、飲み慣れた匂いがするので、飲んでくれるだろうと思っていた。ところがどっこい、ネコ世間はそう甘くない。2匹とも全く飲まなかった。意地でもほ乳瓶から飲む気でいるようだ。食事訓練はまた来週に続く。



前週
次週

TOP
Site map