子猫の成長日記
●5月末生まれの子ネコの成長日記
 ★二毛:きんつば(オス)通称きん
 ★三毛:あんみつ(メス)通称あん
生後0〜1ヶ月  | ▼6/05〜6/17 | ▼6/20〜6/24 | ▼6/27〜7/01 |
1〜2ヶ月  | ▼7/03〜7/08 | ▼7/11〜7/16 | ▼7/18〜7/22 | ▼7/25〜7/30 |
2〜3ヶ月  | ▼7/31〜8/05 | ▼8/08〜8/13 | ▼8/18〜8/19 | ▼8/22〜8/25 |
3〜4ヶ月  | ▼9/15〜9/19 | 4〜5ヶ月  | ▼10/16 |
5〜6ヶ月  | ▼11/19 | 6〜7ヶ月  | ▼12/03 |


あっという間にトイレを覚える
2005/06/27
先週の月曜同様、中2日置いただけでも運動能力が増している。朝、箱の中で騒ぎ始めて無視していたら、2匹とも初めて箱をよじ登って外に出た。そこで自分の体の成長に合わせて貝を引っ越しするやどかりよろしく、大きな箱にお引っ越し。

今週からトイレも部屋と箱の中の両方に設置。実家でトイレ訓練させたおかげで、2匹ともすぐにトイレを活用してくれた。ウンチは週末に2匹ともトイレでしたそうなので、またしばらくは出ないかも? きんつばは部屋に設置したトイレのすぐ脇にあった新聞紙の上に1回粗相をしてしまったけど、まだ最初のうちだから大目にみよう。

犬歯の大きさを目分量で見たところ、あんみつは3ミリ、きんつばは2ミリぐらいの大きさになっている。▼猫の歯としては順調だろう。それにしてもネコの歯なのに犬歯とは、これいかに?

先週無理して食べさせていた離乳食は、もう子ネコたちの自主性に任せることにした。幸い昔から飼っている成ネコがいるので、エサ場には常に食べるものがある。成ネコになってもミルクだけ飲み続けるなんてありえないので、そのうち自分で食べたくなったら、食べてくれるだろう。

犬はしつけをしなければ野犬のように人間を襲う可能性があり、飼い主がイヌに対して主人だと認識するよう上下関係をコントロールする必要があるのに対し、ネコは最低限のことをしつければ大きな問題にはなりにくいし、そもそも飼い主が私が主人だと教えようとしても、ネコから見れば飼い主は単なる仲間にしか思わない。

イヌとネコの社会性の違いは、どこかドイツとフランスの違いに似ている。規律規則をキッチリ守ることで社会が成り立っているドイツに対し、決まりごとより自分の判断を重視し、ときには憤慨することもあるけれど、その適当さで不思議と社会がバランスされているフランス。

そんなネコとの暮らしは自分の性に合っている。


クッキー大好評
2005/06/28
常に同じ時間に同じことをしていた2匹が昨日今日で、1匹が寝ている最中にもう1匹が遊んだりミルクを飲んだりと、別行動する機会を見るようになった。しかしやはり一緒に起きていることのほうが多く、その場合は追いかけっことプロレスがセットになる。2匹がじゃれると、先週前半からは見違えるほどパワフルな動きをする。

おかげで小食だったきんつばのミルクの飲みも、ここ1週間であんみつ並みかときにはそれを上回るようになった。

きんつばはこのところじゃれて興奮すると、ピュルルという声をよく出すようになった。以前ミルクを飲む際に発したウニャウニャうなりは最近めっきり聞かなくなったので、ピュルルはそれに代わる新バージョンか?

今日は今年最高の暑さ。東京横浜ともに35度を超えた。クーラーの風は悪かろうと、2匹のワンルームマンションは風通し良く&日当たり悪い部屋に設置。いつも重なり合って寝ている2匹は、さすがに離ればなれの場所で寝ていた。しかもきんつばは少しでも涼しい場所を求めてなんとトイレの上で。

あとで箱の中のトイレを見るとウンチがしてあった。まさかきんつばはウンチの上で寝ていたのでは... どちらがしたのかわからないけれど、この形状はあんみつだ!などと違いがわかるようになれば、私もウンチマイスターだ。ティッシュがすぐそばに無く、ウンチがトイレ砂にくるまれ気味だったこともあり、素手でウンチをつかみ、そのまま人間のトイレへポイ! だんだん母のたくましさが身に付きつつある今日この頃。

100均のキャンドゥで売っている我がお気に入りのクッキーを食べていると、2匹が騒ぎ出した。てっきりミルクが欲しいのかと思えば、どうもクッキーが気になるらしい。きんつばの目の前にかみ砕いたのを差し出すと、なんと自分から進んでムシャムシャと数口食べた。先週は無理矢理口に食べ物を押し込んでいたけど、彼が自主的に食べるのはこれが初。あんみつもさらによく食べた。

顔のガビガビ(ミルクの油脂)がほとんど無くなったけれど、お風呂慣れしてもらう意味もあり、本日も入浴させる。相変わらずあんみつのほうが抵抗する。


腸順調 超甘ったれ
2005/06/29
今日も昨日とほぼ同量のクッキーを食べた。しかしネコエサには相変わらず興味無し。

昨日今日とトイレを完璧に使いこなしている。2匹とも用足し前の砂掻き(用を足す部分を予め掻いてくぼみをつける)は何度も場所を変える。砂を掻いてみたものの、何かこの場所はしっくりこないと思うのだろう。

トイレ内で砂を掻いては場所が納得できずに、オシッコが今にも出そうなところを慌てて移動して仕切り直し、という彼らの行動を見ているのは面白い。

またトイレに入ったきんつばが、しゃがみながら例のピュルルル鳴きを繰り返していた。自分にはハッキリ聞こえた。「ウンチが出るよぉ、ウンチが出るよぉ」と。案の定出た。それも小さな体から出たとは思えぬLサイズが。試しに計ってみたら6センチもあった。彼の首から下の胴の長さは15センチ足らずなので、腸は折れ曲がっているとはいえ、ウンチは体の半分近くの長さを占めていたことになる。ウンチ恐るべし。これで昨日のウンチはあんみつのものとほぼ確信する。2匹ともウンチのサイクルが短くなり、消化器系の機能が向上しているのが手に取るようにわかる。

用が済んだあとの足にはウンチがべったりついていたので、洗ってあげた。成ネコのように体につけない技術はまだ持ち合わせていないもよう。

さらに彼はミルクを飲み干したあとも、ほ乳瓶をいつまでもくわえて、ウトウトしつつも手放さなかった。夜、あんみつが箱で熟睡しているときも出せと騒ぎ、人のヒザの上に来てウトウトしていた。自分の知るネコの中でも最も甘ったれのネコに育つ予感。

夜は夜で、箱の中のトイレにまたまたウンチがあった。今度のものは2センチ大のものが、なんと4つぐらいに分かれてあった。箱の床一面に敷いたペットシーツも必死に掻いたとみえてぐちゃぐちゃだった。いくら何でもきんつばがまたやったとは思えず、またあんみつの後ろ足に犯行跡がしっかり残っていた。またまたお湯で足を洗ってあげる。


生誕1ヶ月
2005/06/30
2匹ともトイレに入ると、砂掻き前に鼻で砂の匂いチェックする習慣があるので、湿った鼻に必ず1,2粒の砂がつく。

今日でおそらく生まれて1ヶ月。まだミルクばかり飲んでいていいのだろうか? もし母ネコが最初から世話をしているノラのままだったら、今頃は母ネコがくわえてくる魚@骨だらけかつ腐りかけを目の前に差し出されて2匹が戸惑っているのかもしれない。それときんつばの、オッパイを吸い出すといつまでも続けるあまりの甘ったれさに、母ネコがうんざりしているかもしれない。

立っていると、お腹を空かせたきんつばは身軽さを武器に、足〜腰〜お腹と、衣服にツメを立てて肩までよじ登ってくる。そんなシーンを見つめるあんみつは、ぽっちゃり体型な自分には出来ないと悟っているので、じっと見つめるだけ。そしてきんつばは肩でミュゥミュゥ鳴き騒ぐ。あんみつはこれまた対照的に声が出にくいネコなので、ニャアッアッアッと半分枯れた小さな声で自分をアピールする。

部屋で2匹を遊ばせている最中に脇を歩いていると、斜め後方から駆け寄ってきたきんつばを誤ってけっ飛ばしてしまった。彼には数十センチほど空中遊泳を楽しんでもらったが大丈夫だったもよう。人が座っていると、お尻のあたりにピッタリくっついていることもよくあり、これまたちょっと動いただけで踏みつぶしそう。もう少し大きくなり自分で機敏に逃げられるようになるまでは、遊びタイム以外は可哀想だけど箱の中に閉じこめておくのが正解かなと思う。


耳はひとあし早く成ネコに
2005/07/01
うちに来た当時は頭の両端でペタンと寝ていた耳が今や立って、すっかり成ネコ風になった。顔つきも大人びてきている。

この1週間、部屋で遊ばせていると、2匹がすごい勢いで追い駆けっこをし、体力も相当向上していると思われる。そのわりにはミルクばかり飲み、固形物をなかなか取らないけれど...

どちらかがトイレに入っていると、もう1匹が必ず用足し中にちょっかいを出す。これでは落ち着いてオシッコもできなかろうと、じゃれようとする側を毎回押さえつける。今日はきんつばがウンチした。今回はSサイズで2センチぐらいの大きさ。

来週はさらにやんちゃになっているだろうな...



前週
次週

TOP
Site map