白鳥と夕日がきれいな街 (1)
| (1) 多々良沼の白鳥 | (2) 渡良瀬橋 |


何かあるかな?
群馬県 館林市 多々良沼


多々良沼の白鳥
 群馬県館林市

埼玉県川本町同様、こちらも都心から比較的近い場所ながら、毎年冬(11月上旬〜3月中旬)になると白鳥が飛来します。ここでは昭和53年12月より飛来しているそうです。館林市側の本沼で見かけたこのつがいは、人を気にする様子も無く、間近に寄ってきてくれました。



ガバ沼の白鳥
 群馬県邑楽町

次にお隣邑楽町側へまわってみましょう。館林の撮影場所から僅か1km程で、ガバ沼の観察所に着きます。ガバ沼は、多々良沼の本沼と隣接していています。この日、地元の人の話では、60羽程来ているとのことでした。

ここで初めて白鳥が鳴くのを聞きましたが、これがまた丹頂鶴の鳴き声とよく似ているんですね。

ガバ沼遠望
拡大写真 ▼ 多々良沼 通称 「ガバ沼」 の遠望

白鳥の生態観察


白鳥の幼鳥は灰色(薄い茶褐色)だった
A:ずいぶん汚い色の白鳥がいるね〜
B:土の上でゴロゴロしたのかな(←ネコと勘違いしている)
A:グルーミングぐらいしたらどうなんだろ
傍らのおじさん:(笑いながら)あれは幼鳥なんだよ
AB共:顔を見合わせる


なんて会話をしないように予習していきましょう。幼鳥が白でないのは、外敵から発見されにくくするためと思われます。


お出かけマップ



多々良沼周辺図


〜 次ページへ続く 〜





TOP
Prev 北国の白い親善使節団


白鳥と夕日がきれいな街 (2) Next