北国の白い親善使節団



埼玉県 川本町 荒川河川敷にて
思いがけないところに白鳥・野鳥の楽園あり


荒川の白鳥
 埼玉県 川本町

上の画像は都心から僅か70km程度のところにある、埼玉県 川本町 荒川河川敷での風景です。90年代に入ってから、冬にやってくる白鳥の餌付けに成功して、毎年11月上旬〜3月中旬にかけてこの場所に現れるそうです。都心で見るコンクリートで囲われた殺風景な荒川も、この辺りまで来ると自然の姿を残しているんですね。12月中旬のこの日は冬晴れで風も無く、穏やかで暖かな1日でした。

ここに来ているのは、コハクチョウと思われますが、およそ40羽程確認することが出来ました。鴨はすぐそばで見ることができますが、白鳥は警戒心が強いせいか、比較的遠くのほうにいます。

生態観察


優雅に泳ぐ白鳥
みんなの期待を裏切り、歩く白鳥
白鳥と聞いて思い浮かべる姿
イメージが崩れる...

川を泳ぐ白鳥と岸辺にずらりと並ぶ鴨
白鳥の周りを取り巻く鴨
なんとも妙な光景

お出かけマップ



埼玉県川本町周辺図


− 北国の白い親善使節団 おわり −





TOP
Prev 江戸時代へタイムトラベル


白鳥と夕日がきれいな街 (1) Next