French Blue Meeting 2000 (1)
| (1) 珍車集合 | (2) ジムカーナ | (3) 部品取り大会 | (4) CLUB CLIO |

2000年10月22日 長野県茅野市・車山高原において フレンチブルーミーティング2000 が開催されました。

今年もまたスズラン峠経由で会場へと向かいます。道路沿いの木立のあいだから八ヶ岳の稜線が朝日を浴びて遠くに輝き、眼下には雲がゆったりとたなびき。車山に近づくにつれ1台また1台とフランス車が増え、高原道路を連なって走る至福のとき。

朝日に輝く八ヶ岳
スズラン峠から見た八ヶ岳
フランス車だらけのビーナスライン
106、アルピーヌ、カングー、etc・・・

朝まだきの会場へ入ると静かなる興奮が渦巻き、出店には早くも人だかり。笑顔の輪があちらこちらにできてからも朝霧の中から続々と姿をあらわすクルマたち。やあ、今年もまたフレンチブルーミーティングがやってきた。

霧の中からクルマが姿をあらわす
遠路はるばるの参加車も
青空にFBMの看板が映える
秋真っ只中で


フランス車がいっぱい 珍車集合


会場内をうろうろしていると、ゆっくりと入ってきた1台のちょっと古いクルマ。年季の入ったそのクルマとご年配のオーナーが超絶にお似合いで、同性ながら見とれることしばし。人もクルマも良い年の積み重ねをしてきたんだなあと高原の風に吹かれつつ、しみじみ。クルマとオーナーの相思相愛。人とクルマの目線がもっとも近いと思えるフランス車に、この言葉はふさわしいナ。



真っ赤な406
PEUGEOT 406 Coupe




白のDSブレーク
CITROEN DS Break





〜 次ページでは、ジムカーナをレポートします 〜





TOP
Prev Club Clio 第3回関東圏ミーティング


FRENCH BLUE MEETING 2000 (2) Next