AGR'99


99年5月30日 静岡県小山町の御殿場にもほど近い富士高原サーキットにて、ルノーのお祭り AGR99 が開催されました

R5A110twingo

右も左も ルノールノールノーそしてアルピーヌ


CLIO系は Williams と 16V で 90% ぐらいを占めていたのではないでしょうか。RN、RT、バカラは少なかったです。古いモデルで、あわよくば R11・R12・R18 なんてものを期待したのですがいずれも未確認でした。

スピダーラグナRTIルーテシア・フェイズ3
R9R8/R8/R5R4/R4フルゴネット

ルノーの親戚さんいらっしゃい


ランチア・ストラトスデロリアンマトラ・タルボ・ランチョ
ルノー以外のクルマたち。
左から ランチア・ストラトス/デロリアン/マトラ・タルボ・ランチョ

ジムカーナ


クリオ・ウィリアムズALPINE A110R5ターボ
スピダーロータス・ヨーロッパR8ゴルディーニ

サーキットジムカーナでは、さまざまなクルマが走りました。ロータス・ヨーロッパはカートのような安定しきった挙動。FF系のクリオ・ウィリアムズ、5GTターボでは、ハードコーナリングで後ろの内輪が浮き上がり三輪車状態。一方リアエンジンの5ターボ等ではゴール直前のコーナーでドリフトして見せ場を作ったりと各車各様。

その他 EXPRESS・Twingo、また R16 まで登場し、絶対的な速さはないもののコーナーでは猫足と呼ぶにふさわしく内輪が浮くことなく 「執拗に路面を捉える脚」 というフレーズが脳裏をよぎりの私。

楽しみかたは人それぞれ


昼寝する人。芝生の上でピクニックする人。飲みモードの人。熱い会話をする人。クルマの写真を撮るためにあっちこっち徘徊する人(自分だ)などさまざま。
R5GTターボ (^^;;
濃い〜クルマ(^o^)  濃い〜ヒト(^_^;;


オマケ ▼ まだまだ写真があります





TOP
Prev 自由の女神、帰郷する


消えゆく波形塗色車 Next