泳げ鯉のぼり


ゴールデンウィークに神奈川県相模原市の高田橋へ行ってきました。ここでは毎年全国各地から不要になった鯉のぼりを集めたイベント、その名もズバリ 「泳げ鯉のぼり相模川」 を開催しています。
泳ぐ鯉のぼり
仕方なく泳いでやってるぜ、と見えてしまうのは気のせい?
カラフルな “めざし” のようでもあります。

全体
その数、約1200匹。すごいです。
どうしろってんだって感じです。
これだけ揃うと怖さみたいなものをおぼえます。

泳げ鯉のぼり君


鯉のぼりにも色々な生き方がある

毎日毎日僕らはワイヤーの、下に吊られてイヤなっちゃうよ。ある朝、僕は役所のおじさんと喧嘩して川に逃げ込んだのさ(と、ここまで泳げたいやき君のメロディで歌う)

A君は相模川に消え、隣のB君はここに至って力尽きたようです。

あるところには、まとめてある


鯉のぼりにも色々な生き方がある

このイベントは鯉のぼりの固定観念を吹き飛ばしてくれます。他の地でも結構同種のイベントをやっているところがあるようです。スペースのないこともあって町中ではさっぱり見かけない鯉のぼり。こんなところで一生分を見てしまったようです。これを見ていたら、郊外に大手スーパーが進出して商店街の多くの小売店が消えてしまったという事象をなぜか連想してしまいました。





TOP
Prev 3rd CGDAY with NAVI


自由の女神、帰郷する Next