Lutecia の履歴書



ルーテシアという名の由来


ルーテシアはサンクに代わるルノーの最量販クラスのクルマとして90年にデビューしました。ホントはクリオという名前ですが、日本ではホンダに同名ディーラーがある関係で、ルーテシアという名前に変更になっています。

JAX時代のカタログによると、このルーテシアは 「東京を江戸と呼ぶように、パリの由緒ある呼称」 とのこと。ちなみにある辞書によると、パリ発祥の地でセーヌ川の中州、シテ島はかつて Lutetia島 と呼ばれていたそうな。


超ワイドバリエーションを誇る


91年から日本へ導入された初代ルーテシアは、基幹モデルとなる RN / RT のほか、本革張り内装の高級仕様 BACCARA、スポーティモデルの 16V などベーシックカーながらさまざまなキャラクターのモデルが導入されました。またフランス本国を含むヨーロッパ市場では、ディーゼルエンジン搭載車(日本未導入)など、さらに豊富なバリエーションを誇っています。

クルマの素性のよさから、93年には 16V の発展型モデルとして Clio Williams が登場し、歴史に残る傑作ホットハッチとして各国のモータージャーナリストから絶賛されました。

Lutecia1 16V

98年には初のフルモデルチェンジ。日本では99年早々から販売開始となっています。この代では RXE / RXT のほか、BACCARA の後継グレードである EXPRESSION(本国での呼称:INITIALE) も一時期日本へ導入されました。スポーツモデルでは RENAULT Sport 2.0 が人気を博しましたが、R5ターボの再来とも言われた V6 の存在を忘れるわけにはいきません。フロントエンジン・フロントドライブのクリオをミドシップエンジン・リアドライブに強引に置き換えた V6 は、革新的なメーカーであるルノーらしいモデルです。

Lutecia2 RS2.0

以上初代モデル、2代目モデルともにボディ形状は全てハッチバックです。ただしヨーロッパ市場における2代目クリオには、ハッチバックボディにトランクを付加したセダンモデルが登場しています。


ヨーロッパ諸国では人気、日本では?


クリオは91年にヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。この年の2位は NISSAN プリメーラ ・ 3位 OPEL カリブラ ・ 4位ユーノスロードスターとなっています。デビュー当初は本国でもカッコが無個性だとの声も聞かれたようです。が、しかしいざフタを開けてみればフランスではベストセラー街道一直線という結果に。

初代モデル、2代目モデルともに基本性能の高さ(カタログスペックの事ではないので念のため)は大変高い評価を受け、フランス本国はもちろんのことヨーロッパ諸国で大いに売れたのは周知の事実。残念ながら日本ではルノーのブランドイメージが未だ確立していないため、フルモデルチェンジ後の今でもマイナーな存在でありつづけています。






TOP
Prev '95 Lutecia16V を分解する


Lutecia のバリエーション Next